東洋証券のお客さま本位の業務運営に関する方針

1. お客さま本位の業務運営に関する方針の策定等

東洋証券株式会社(以下「当社」)は、「信頼」「付加価値」「得意分野」を経営理念として掲げ、真にお客さま本位の経営によって、世代を超えて信頼され、資産運用・資産形成のアドバイザーとして選ばれる、スーパー・リージョナル(地域密着型)・リテール証券会社を目指します。本方針および取組状況については、今後も定期的に見直してまいります。

2. お客さまの最善の利益の追求

当社は、お客さまの最善の利益を追求するために「お客さま本位の経営・3つの原則」を定めております。

お客さま本位の経営・3つの原則

  • (1)お客さまにとっての「最善の利益(ベスト・インタレスト)」は何かを発見します
    お客さまとの対話を大切に、お客さまのお話しを良くお聞きし、お客さまが置かれている状況を把握し、お客さまにとって最も利益にかなう投資方針は何かをつかむことに努めてまいります。
  • (2)お客さまと「同じ立場」に立ってアドバイスをします
    お客さまの最善の利益のため、自らをお客さま自身に置き換えて「自分だったらどうするか」の視点で投資アドバイスを行ってまいります。
  • (3)「最適なアドバイス」のためのスキルを向上します
    日常の些細な疑問にもお答えできるよう、常日頃から政治・経済・相場動向・投資手法・企業経営・資本政策・財務・会計等の知識・スキル向上を行ってまいります。

当社は、お客さまの最善の利益を追求するために、この3つの原則に全社的に取組むことにより、「お客さま本位の業務運営」がさらに社内に定着するよう努めます。

3. 利益相反の適切な管理

当社は、当社の利益とお客さまの利益が相反するような、お客さまの利益を不当に害するおそれのある取引(以下「利益相反取引」といいます。)を適切な方法により特定・類型化し、お客さまの保護を適正に確保するために、利益相反取引を管理する体制を利益相反管理方針として定めており、利益相反取引につきましては、当該方針に従い、適切に管理いたします。

4. 手数料等の明確化

お客さまにご負担いただく手数料その他の費用の詳細につきまして、透明性を確保するよう努めます。また、手数料その他の費用には、単に当社のシステム開発・維持管理ならびに事務サービスコストの対価だけでなく、当社独自の高度の専門性を有する情報提供サービス等の対価も適切に含まれている点につきましてもご理解いただけるよう努力するとともに、お客さまにさらにご満足いただける付加価値の提供に努めます。

5. 重要な情報の分かりやすい提供

お客さまに対して勧誘を行う商品の基本的なリターン、損失その他のリスク、取引条件等の重要な情報を誠実・公正に提供し、また販売後のフォローとしても、保有いただいている商品の評価等に係る情報を引続き丁寧に提供するよう努めます。これらの情報提供は図やグラフを駆使したり、タブレット端末等を活用したりすることにより、お客さまに分かりやすく提供できるよう努めます。

6. お客さまにふさわしいサービスの提供

お客さまからご提示いただきました投資方針、投資経験、および年齢等の属性に応じまして、特にお客さまの現在の資産状況(ポートフォリオ)にふさわしい商品を提案できるよう努めます。また、お客さま向けセミナー等を積極的に展開し、お客さまの安定的な資産運用・資産形成に役立つ情報提供を行うよう努めます。

7. 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

当社は、お客さまの最善の利益の追求のための行動が、従業員自身の評価にもつながるような評価方法を導入するほか、従業員研修・教育を通じ「お客さま本位の業務運営」をさらに深化させるよう努めます。