新規口座開設はこちらから

マルチチャンネルサービス

ホームトレードはこちらから

TOYOメール配信サービス

本日の市況見通しハンセン指数は反発か

11日の香港株式市場は4営業日ぶりに反落した。ハンセン指数の終値は前日比7.48pt(0.03%)安の23,739.06ptだった。中国本土や香港で新型コロナウイルスの感染抑制に向けた行動規制が広がり、投資家がリスク回避姿勢を強めた。指数は前日に約1カ月ぶりの高値を付けており、利益確定の売りも出た。指数は上昇する場面もあった。香港政府は11日午前、夜間の営業を禁止している飲食業界への補助金支給など支援方針を明らかにした。中国政府の景気下支え策に対する期待も続いており、相場の支援材料となった。スポーツ用品の安踏体育用品(02020)などの中国消費関連株が安く、自動車株も下げた。半面、バイオ医薬の薬明生物技術(02269)や、不動産の中国海外発展(00688)が高かった。中国ネット大手は電子商取引のアリババ集団(09988)が下げる一方、ネットサービスのテンセント(00700)が上げるなどまちまちだった。香港メーンボードの売買代金は1296億香港ドルとなった。中国本土から香港株に投資するストックコネクト・サウスバウンド取引は、成約ベースで17億7800万香港ドルの買い越しだった。

11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発し、前日比183ドル15セント(0.5%)高の36,252ドル02セントで終えた。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言後に米長期金利の上昇が一服し、長期金利が上昇すると売られやすい高PER(株価収益率)のハイテク株を中心に買い直された。ハイテク株が多いナスダック総合株価指数は続伸し、前日比210.621pt(1.4%)高の15,153.449ptで終えた。

12日の香港株式市場でハンセン指数は反発か。11日の米株式市場でナスダック総合株価指数が上昇した流れを引き継ぎ、香港市場でもハイテク株を中心に買いが広がろう。

 

(マーケット支援部 林)

確りの展開か

11日の中国・上海株式市場は反落した。上海総合指数の終値は前日比26.0778pt(0.72%)安の3,567.4409ptと、約1カ月半ぶりの安値となった。朝方は上げる場面もあったが、新型コロナウイルスの感染拡大や行動規制の強化を背景に国内景気の先行き懸念が広がり、午後に入ると下げ幅を広げた。12日に中国の2021年12月の消費者物価指数(CPI)や卸売物価指数(PPI)の発表を控え、持ち高調整の売りも出やすかった。自動車や酒造、食品株が安い。電子部品や軍事関連、家電関連株が売られた。石炭やバッテリー関連株も軟調だった。半面、中医薬や銀行株が高く、鉄鋼や電力株の一角も買われた。香港から中国本土株に投資するストックコネクト・ノースバウンド取引は、合わせて成約ベースで40億2700万元の売り越しだった。個別では、牧原食品(ムーユエン・フーズ、002714)、国電南瑞科技(ナリ・テクノロジー、600406)などが買い越しとなり、内蒙古伊利実業集団(インナー・モンゴリア・イーリー・インダストリアル、600887)、貴州茅台酒(グイジョウ・マオタイ、600519)、中国旅遊集団中免(チャイナ・ツーリズム・グループ・デューティー・フリー、601888)などが売り越しとなった。

12日の中国本土市場は確りの展開か。米国株式市場が堅調だった流れを受け、買いが先行しそうだ。経済指標では、日本時間10:30に中国の12月の消費者物価指数(CPI)・卸売物価指数(PPI)が発表される予定。経済指標の結果次第では値動きが大きくなる可能性もあろう。

 

(マーケット支援部 林)

ご投資にあたっての注意事項

外国証券等について

  • 外国証券等は、日本国内の取引所に上場されている銘柄や日本国内で募集または売出しがあった銘柄等の場合を除き日本国の金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりません。

手数料等およびリスクについて

  • 国内株式等の手数料等およびリスクについて
  • 国内株式等の売買取引には、約定代金に対して最大1.2650%(税込み)の手数料をいただきます。約定代金の1.2650%(税込み)に相当する額が3,300円(税込み)に満たない場合は3,300円(税込み)、売却約定代金が3,300円未満の場合は別途、当社が定めた方法により算出した金額をお支払いいただきます。国内株式等を募集、売出し等により取得いただく場合には、購入対価のみをお支払いいただきます。国内株式等は、株価の変動により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 外国株式等の手数料等およびリスクについて
  • 委託取引については、売買金額(現地における約定代金に現地委託手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対して最大1.1000%(税込み)の国内取次ぎ手数料をいただきます。外国の金融商品市場等における現地手数料や税金等は、その時々の市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、本書面上その金額等をあらかじめ記載することはできません。
  • 国内店頭取引については、お客さまに提示する売り・買い店頭取引価格は、直近の外国金融商品市場等における取引価格等を基準に合理的かつ適正な方法で基準価格を算出し、基準価格と売り・買い店頭取引価格との差がそれぞれ原則として2.50%となるように設定したものです。
  • 外国株式等は、株価の変動および為替相場の変動等により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 債券の手数料等およびリスクについて
  • 非上場債券を募集・売出し等により取得いただく場合は、購入対価のみをお支払いいただきます。債券は、金利水準の変動等により価格が上下し、元本の損失を生じるおそれがあります。外国債券は、金利水準の変動等により価格が上下するほか、カントリーリスクおよび為替相場の変動等により元本の損失が生じるおそれがあります。また、倒産等、発行会社の財務状態の悪化により元本の損失を生じるおそれがあります。
  • 投資信託の手数料等およびリスクについて
  • 投資信託のお取引にあたっては、申込(一部の投資信託は換金)手数料をいただきます。投資信託の保有期間中に間接的に信託報酬をご負担いただきます。また、換金時に信託財産留保金を直接ご負担いただく場合があります。投資信託は、個別の投資信託ごとに、ご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なるため、本書面上その金額等をあらかじめ記載することはできません。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象とするため、当該金融商品市場における取引価格の変動や為替の変動等により基準価額が変動し、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 株価指数先物・株価指数オプション取引の手数料等およびリスクについて
  • 株価指数先物取引には、約定代金に対し最大0.0880%(税込み)の手数料をいただきます。また、所定の委託証拠金が必要となります。
  • 株価指数オプション取引には、約定代金、または権利行使で発生する金額に対し最大4.400%(税込み)の手数料をいただきます。約定代金の4.400%(税込み)に相当する額が2,750円(税込み)に満たない場合は2,750円(税込み)の手数料をいただきます。また、所定の委託証拠金が必要となります。
  • 株価指数先物・株価指数オプション取引は、対象とする株価指数の変動により、委託証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。

利益相反情報について

  • この資料を掲載後、掲載された銘柄を対象としたEB等を東洋証券(株)が販売する可能性があります。
    なお、東洋証券(株)および同関連会社の役職員またはその家族がこの資料に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引や商品ごとに手数料等およびリスクが異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をご覧ください。
  • 掲載されている情報は、当社が各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
    また、掲載されている情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。意見や予測は作成時点の見通しであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    掲載されている情報に基づき投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、当社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなされるようお願いいたします。
    なお、東洋証券および同関連会社の役職員またはその家族はレポート等に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。
    情報の著作権は当社または情報提供元に帰属しており、いかなる方法を用いても、事前の許可なく複製または転送等を行わないようにお願いいたします。
PDFファイル形式のニュースをご覧になる場合は、Adobe Readerをインストール頂く必要がございます。
Adobe Readerダウンロードページへ