新規口座開設はこちらから

カスタマーセンター

マルチチャンネルサービス

ホームトレードはこちらから

TOYOメール配信サービス

今月の特集記事【特集2】白酒や小売りが好調、ハイテクはまちまち ~足元決算と株価動向から見る銘柄選択~

新型コロナ禍の中で、上場企業の明暗が分かれている。20年1~3月期決算では、家電や自動車、ハイテクセクターの一部で減益銘柄が目立つ一方、小売や白酒、医薬など日常生活に比較的近い分野は堅調だ。

軒並み不振の中で増益確保銘柄は?

当社カバレッジ銘柄を中心に、主要セクターの上場企業の19年通期及び20年1~3月期決算をまとめた(主に四半期決算が義務化されているA株銘柄)。

20年1~3月期決算を見ると、貴州茅台酒や宜賓五糧液などの白酒関連銘柄が増収増益ペースを確保した。1月の春節(旧正月)前後の書き入れ時に当たったこともあるが、根強い需要は不変のようだ。

消費全般も右肩上がり。スーパー運営の永輝超市は前年同期比で3割超の増収増益。生活必需品のニーズをうまく取り込んだ形だ。四川省を中心にチェーン展開する同業の成都紅旗連鎖も同80.7%増益と好調。順豊HDは同28.2%減益だったが、減損などの一時的損益を除くと同0.5%減益にとどまる。

電子・ハイテクは明暗が分かれた。「AirPods」需要などを背景に、立訊精密工業は同59.4%増益、歌爾は同44.7%増益といずれも好調。半導体ファウンドリーで中国最大手のSMICは同422.8%増益。一方、AACテクノロジーズや大族激光科技産業集団(ハンズレーザー)は大幅減益で、科大訊飛(アイフライテック)、啓明星辰信息技術集団(ヴィーナステック)、用友網絡科技は赤字を計上した。

家電と自動車は冴えない。消費意欲の後退と営業機会の損失などの影響をまともに受けた形だ。72.5%減益となった珠海格力電器は、董明珠董事長が今年2月の売り上げが「ほぼゼロ」だったとしている。移動制限に伴い、据え付けなどの設置サービスも停滞した。自動車各社の減益幅は、最大手の上海汽車集団が86.4%、BYDが85.0%、広州汽車集団が95.7%だった。


主な上場企業の決算

ここからは注目セクターと銘柄の動向を紹介する。

【食品・飲料・酒類】相次ぐ高値更新銘柄

主な銘柄の株価推移

醤油などを製造する仏山市海天調味食品の20年1~3月期決算は増収増益と好調だった。同社株価は3月中旬以降に大きく上昇。3月31日に初めて100元台に乗せ、その後も上値追いの展開となった。貴州茅台酒と宜賓五糧液も同じように買い優勢で、上場来高値の更新が続く。一方、同じ酒類でも青島ビールは同四半期で2桁の減収減益となった。白酒は収集価値や希少性などが価格や業績を後押ししやすいが、ビールは実需に基づくもの。コロナ禍でのニーズ減の影響を大きく受けたようだ。内蒙古伊利実業集団と光明乳業はいずれも5割近い減益だった。コロナ禍の混乱による牛乳の販売不振と高級製品の贈答需要減退などが要因とされるが、今後は社会・経済活動の正常化と共に販売も戻ってくることが期待される。

【建機】足元販売が好調で株価右肩上がり

主な銘柄の株価推移

パワーショベルで中国最大手の三一重工の20年1~3月期決算は前年同期比18.9%減収31.9%減益と不振だった。同業の徐工集団も同41.9%減益。新型コロナの感染拡大による各種建設工事の遅滞で建機販売に影響が出たことが主因のようだ。ただ、足元ではパワーショベル販売が回復中。20年3月の主要メーカーの販売台数は前年同月比11.6%増の4万9408台で、単月ベースでは過去最高。4月も同59.9%増の4万5426台と高水準だった。コンクリート機械やクレーン大手の中聯重科は「4~6月期の販売は力強く増加する」としており、建機業界全体の押し上げ効果が期待できよう。中国政府は景気下支えのため積極的なインフラ投資を行うと見られ、中長期的な恩恵も受けそうだ。

【電子・ハイテク】"コロナ後"を先取りしたマネーの動き

主な銘柄の株価推移

次世代産業分野で先を見越した動きが目立つ。用友網絡科技の株価は一時、19年末比で8割以上上昇。20年1~3月期は販売不振とコスト増、投資収益の減少などで赤字に転落したが、クラウド事業の成長性をにらんだ投資マネーが入っているようだ。株価が概ね右肩上がりの金山軟件にも同じことが言える。SMICは同四半期で35.3%増収422.8%増益と好調。売上高は四半期ベースでの過去最高を更新した。4~6月期は前四半期比3~5%増収、粗利益率は26~28%(1~3月期は25.8%)と見込んでおり、半導体市場の需要回復を反映していきそうだ。好業績と言えば立訊精密工業。6月中間期で40~60%の増益見通しを発表済みで、株価も騰勢を取り戻している。

(上海駐在員事務所 奥山)

ご投資にあたっての注意事項

外国証券等について

  • 外国証券等は、日本国内の取引所に上場されている銘柄や日本国内で募集または売出しがあった銘柄等の場合を除き日本国の金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりません。

手数料等およびリスクについて

  • 国内株式等の手数料等およびリスクについて
  • 国内株式等の売買取引には、約定代金に対して最大1.2650%(税込み)の手数料をいただきます。約定代金の1.2650%(税込み)に相当する額が3,300円(税込み)に満たない場合は3,300円(税込み)、売却約定代金が3,300円未満の場合は別途、当社が定めた方法により算出した金額をお支払いいただきます。国内株式等を募集、売出し等により取得いただく場合には、購入対価のみをお支払いいただきます。国内株式等は、株価の変動により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 外国株式等の手数料等およびリスクについて
  • 委託取引については、売買金額(現地における約定代金に現地委託手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対して最大0.8800%(税込み)の国内取次ぎ手数料をいただきます。外国の金融商品市場等における現地手数料や税金等は、その時々の市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、本書面上その金額等をあらかじめ記載することはできません。
  • 国内店頭取引については、お客さまに提示する売り・買い店頭取引価格は、直近の外国金融商品市場等における取引価格等を基準に合理的かつ適正な方法で基準価格を算出し、基準価格と売り・買い店頭取引価格との差がそれぞれ原則として2.75%となるように設定したものです。
  • 外国株式等は、株価の変動および為替相場の変動等により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 債券の手数料等およびリスクについて
  • 非上場債券を募集・売出し等により取得いただく場合は、購入対価のみをお支払いいただきます。債券は、金利水準の変動等により価格が上下し、元本の損失を生じるおそれがあります。外国債券は、金利水準の変動等により価格が上下するほか、カントリーリスクおよび為替相場の変動等により元本の損失が生じるおそれがあります。また、倒産等、発行会社の財務状態の悪化により元本の損失を生じるおそれがあります。
  • 投資信託の手数料等およびリスクについて
  • 投資信託のお取引にあたっては、申込(一部の投資信託は換金)手数料をいただきます。投資信託の保有期間中に間接的に信託報酬をご負担いただきます。また、換金時に信託財産留保金を直接ご負担いただく場合があります。投資信託は、個別の投資信託ごとに、ご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なるため、本書面上その金額等をあらかじめ記載することはできません。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象とするため、当該金融商品市場における取引価格の変動や為替の変動等により基準価格が変動し、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 株価指数先物・株価指数オプション取引の手数料等およびリスクについて
  • 株価指数先物取引には、約定代金に対し最大0.0880%(税込み)の手数料をいただきます。また、所定の委託証拠金が必要となります。
  • 株価指数オプション取引には、約定代金、または権利行使で発生する金額に対し最大4.400%(税込み)の手数料をいただきます。約定代金の4.400%(税込み)に相当する額が2,750円(税込み)に満たない場合は2,750円(税込み)の手数料をいただきます。また、所定の委託証拠金が必要となります。
  • 株価指数先物・株価指数オプション取引は、対象とする株価指数の変動により、委託証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。

利益相反情報について

  • この資料を掲載後、掲載された銘柄を対象としたEB等を東洋証券(株)が販売する可能性があります。
    なお、東洋証券(株)および同関連会社の役職員またはその家族がこの資料に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引や商品ごとに手数料等およびリスクが異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をご覧ください。
  • 掲載されている情報は、当社が各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
    また、掲載されている情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。意見や予測は作成時点の見通しであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    掲載されている情報に基づき投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、当社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなされるようお願いいたします。
    なお、東洋証券および同関連会社の役職員またはその家族はレポート等に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。
    情報の著作権は当社または情報提供元に帰属しており、いかなる方法を用いても、事前の許可なく複製または転送等を行わないようにお願いいたします。
PDFファイル形式のニュースをご覧になる場合は、Adobe Readerをインストール頂く必要がございます。
Adobe Readerダウンロードページへ