新規口座開設はこちらから

カスタマーセンター

マルチチャンネルサービス

ホームトレードはこちらから

TOYOメール配信サービス

今月の特集記事【特集2】中国・香港間ストックコネクト経由の売買は活況 ~香港・中国A株市場の株価形成に影響力増す~

中国本土(以下、中国)・香港間ストックコネクト(上海・深センと香港の株式取引の相互乗り入れ)経由の売買は活発な状況が続いている。年初来、サウスバウンド(上海・深セン⇒香港)とノースバウンド(香港⇒上海・深セン)両方とも大幅な買い越しで、両市場における存在感は日増しに高まりつつある。

中国から香港市場への資金流入が加速

上海・深セン⇒香港への投資

今年3月以降、中国から香港への資金流入が顕著となっている。年初来、サウスバウンドの合計買い越し額(9月20日時点まで)は1500億香港ドルを超え、既に18年通年の倍近くとなっている。中国マネー流入加速の背景には、香港市場の割安なバリュエーション(9月20日時点、ハンセン指数のPBRは1.2倍、PERは10.2倍)や人民元先安懸念による海外投資意欲の高まりなどがあると考えられる。香港市場とサウスバウンドの間には逆相関関係が見られ、ハンセン指数が下落傾向となった4月以降には、中国マネーの純流入に増加傾向が見られた。山東墨龍石油機械(00568)などAH重複上場で乖離率の大きい銘柄のほか、中国工商銀行(01398)など高配当利回りの金融株や舜宇光学科技(02382)などIT関連銘柄が中国マネーに大きく買われた。

香港市場で存在感増す中国マネー、価格形成に影響

香港市場では、欧米系の機関投資家が主な市場参加者だが、中国マネーの存在感が高まりつつある。18年の香港市場における海外投資家の国・地域別シェアを見ると、中国は16年の21.5%から28.3%に大きく上昇した。19年に入り、香港市場の売買代金が低迷する中、中国マネーの流入は加速しているため、19年はさらなるシェアアップが予想される。サウスバウンドの中国投資家の構成比を見ると、個人投資家は16年の62.1%(最低構成比、以下同)から18年の28.0%まで大きく低下した一方、機関投資家は同23.2%から同55.7%まで存在感が大きく増した。保険資金のほか、投資信託を通じて香港株を投資する個人投資家は大きく増加したと見られる。

中国マネーは香港市場における存在感の高まりに伴い、香港株の株価形成にも影響を与えるようになった。金山軟件(03888)の中間決算は大幅赤字に転落したにもかかわらず、クラウド事業の将来性が有望視され、中国勢の買いで賑わった。9月20日時点、当該銘柄のサウスバウンドの持株比率は22.12%に達した(19年3月末時点では11.07%)。


「一部名外のサウスバンド持株比率の推移」「香港市場の海外投資家の国・地域別シェア」

A株市場に海外資金の流入継続が期待される

中国A株は18年6月に「MSCI」、19年6月に「FTSEラッセル」、19年9月に「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」への組入れを果たした。組入れ比率の引き上げが予定されており、ストックコネクト経由によるA株市場への更なる資金流入が予想される。ノースバウンドはA株市場との間に緊密な相関関係が見られ、今年1月と2月のA株反騰相場では大幅な買い越しとなり、4月と5月の反落相場では売り越しに転じた。海外資金は江蘇恒瑞医薬(600276)、美的集団(000333)など内需・消費関連の大型株に売買が集中するほか、中小型株に物色を広げ、啓明星辰信息技術集団(002439)のノースバウンドの持株比率は大きく上昇(18年末の2.51%⇒19年9月20日の7.01%)。一方、今年業績が大きく悪化した大族激光科技産業集団(002008)は大幅な売り越しとなった(同16.61%⇒同6.21%)。


「香港⇒上海・深センへの投資」「各指数へのA株組入れロードマップ」

(東洋証券亜洲有限公司 キョウ)

久々の4中総会

中国共産党は8月30日に中央政治局会議を開き、重要政策や人事等を討議する第19期中央委員会第4回全体会議(4中総会)を10月に開くことを決めた。共産党は5年に一度の秋に全国から約3000名の代表者を集めて党大会を催し、そこで選任された中央委員は5年の任期中に7回、中央委員総会に参加するルールとなっている。第2次習近平政権は2017年10月の1中総会で党指導部人事を決め、翌18年春の2中総会で政府人事を決め、半年後の秋の3中全会では経済政策の基本方針を定め、それ以降は毎年秋に4中総会、5中総会と7中総会まで続ける、これが従来の大まかな政治日程であった。

ところが習近平政権は18年1月に2中総会を開催し、習主席の指導思想を憲法に明記する方針を審議し、一気に"憲法入り"を決め、そのまま2中総会を閉幕してしまった。だから日本の国会に相当する全人代の開催直前の翌2月に、改めて李克強首相の再任や栗戦書全人代委員長の新任等政府人事を討議する3中総会が開かれた訳だ。それはそれで良いとして、次は半年後の18年10月に4中総会が開催されるのが既定路線と思われたが、米中貿易摩擦の解決に向けた糸口が見えない中、結論の出ない会議を開く勇気がなかったのか何と4中総会の18年開催が見送られてしまった。そんな訳で今月の4中総会は1年半ぶりの会議となり、開催回数の帳尻だけは、これで合う計算になるが、議題は国家統治体系や社会主義の改善、党内法規の整備等に絞られており、香港問題は討議されるだろうが、米中を巡る経済問題は討議されない可能性が出てきた。党内不統一のリスクを避け、議論し易くて纏め易い政治社会問題にテーマを絞った可能性がある。

難局を打開すべく当局は金融緩和、財政出動、市場開放等を視野に入れた政策を採用し、その結果として資本市場の活性化が期待されようが、党大会のような公開された場で、金融緩和の是非や、不良債権処理の手法等が議論されることは期待できないだろう。

(主席エコノミスト 杉野)

ご投資にあたっての注意事項

外国証券等について

  • 外国証券等は、日本国内の取引所に上場されている銘柄や日本国内で募集または売出しがあった銘柄等の場合を除き日本国の金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりません。

手数料等およびリスクについて

  • 国内株式等の手数料等およびリスクについて
  • 国内株式等の売買取引には、約定代金に対して最大1.2650%(税込み)の手数料をいただきます。約定代金の1.2650%(税込み)に相当する額が3,300円(税込み)に満たない場合は3,300円(税込み)、売却約定代金が3,300円未満の場合は別途、当社が定めた方法により算出した金額をお支払いいただきます。国内株式等を募集、売出し等により取得いただく場合には、購入対価のみをお支払いいただきます。国内株式等は、株価の変動により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 外国株式等の手数料等およびリスクについて
  • 委託取引については、売買金額(現地における約定代金に現地委託手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対して最大0.8800%(税込み)の国内取次ぎ手数料をいただきます。外国の金融商品市場等における現地手数料や税金等は、その時々の市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、本書面上その金額等をあらかじめ記載することはできません。
  • 国内店頭取引については、お客さまに提示する売り・買い店頭取引価格は、直近の外国金融商品市場等における取引価格等を基準に合理的かつ適正な方法で基準価格を算出し、基準価格と売り・買い店頭取引価格との差がそれぞれ原則として2.75%となるように設定したものです。
  • 外国株式等は、株価の変動および為替相場の変動等により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 債券の手数料等およびリスクについて
  • 非上場債券を募集・売出し等により取得いただく場合は、購入対価のみをお支払いいただきます。債券は、金利水準の変動等により価格が上下し、元本の損失を生じるおそれがあります。外国債券は、金利水準の変動等により価格が上下するほか、カントリーリスクおよび為替相場の変動等により元本の損失が生じるおそれがあります。また、倒産等、発行会社の財務状態の悪化により元本の損失を生じるおそれがあります。
  • 投資信託の手数料等およびリスクについて
  • 投資信託のお取引にあたっては、申込(一部の投資信託は換金)手数料をいただきます。投資信託の保有期間中に間接的に信託報酬をご負担いただきます。また、換金時に信託財産留保金を直接ご負担いただく場合があります。投資信託は、個別の投資信託ごとに、ご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なるため、本書面上その金額等をあらかじめ記載することはできません。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象とするため、当該金融商品市場における取引価格の変動や為替の変動等により基準価格が変動し、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 株価指数先物・株価指数オプション取引の手数料等およびリスクについて
  • 株価指数先物取引には、約定代金に対し最大0.0880%(税込み)の手数料をいただきます。また、所定の委託証拠金が必要となります。
  • 株価指数オプション取引には、約定代金、または権利行使で発生する金額に対し最大4.400%(税込み)の手数料をいただきます。約定代金の4.400%(税込み)に相当する額が2,750円(税込み)に満たない場合は2,750円(税込み)の手数料をいただきます。また、所定の委託証拠金が必要となります。
  • 株価指数先物・株価指数オプション取引は、対象とする株価指数の変動により、委託証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。

利益相反情報について

  • この資料を掲載後、掲載された銘柄を対象としたEB等を東洋証券(株)が販売する可能性があります。
    なお、東洋証券(株)および同関連会社の役職員またはその家族がこの資料に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引や商品ごとに手数料等およびリスクが異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をご覧ください。
  • 掲載されている情報は、当社が各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
    また、掲載されている情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。意見や予測は作成時点の見通しであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    掲載されている情報に基づき投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、当社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなされるようお願いいたします。
    なお、東洋証券および同関連会社の役職員またはその家族はレポート等に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。
    情報の著作権は当社または情報提供元に帰属しており、いかなる方法を用いても、事前の許可なく複製または転送等を行わないようにお願いいたします。
PDFファイル形式のニュースをご覧になる場合は、Adobe Readerをインストール頂く必要がございます。
Adobe Readerダウンロードページへ