新規口座開設はこちらから

カスタマーセンター

マルチチャンネルサービス

ホームトレードはこちらから

TOYOメール配信サービス

今月の特集記事【特集1】金融緩和や景気刺激策、「政策総動員相場」へ~インフラ投資に軸足、「強国」方針も前面に~

中国政府がここに来て「強国」を前面に出した国家的政策を相次いで公表している。規模の追求がメインだった「大国」志向から、質も重視した「強国」を目指す中長期的な骨太の方針だ。一方、消費後押しなどの景気対策や金融緩和など、当面の経済情勢を支える政策もきめ細かに発表。中国株式市場は秋の"政策総動員相場"の幕開けとなるか。

交通とスポーツで「強国」推進

中国共産党中央委員会と国務院は9月19日、「交通強国建設綱要」を公表した。2035年までに交通強国の地位を基本的に確立し、「都市部は1時間で通勤、都市群は2時間で移動、全国主要都市間を3時間で移動できる交通網」の構築などが掲げられた。物流圏の構築や乗り継ぎのスムーズ化などといった具体案も盛り込まれ、次世代情報技術(IT)、人工知能(AI)、製造スマート化などの先端イノベーションを活用。時速600kmのリニア、同400kmの高速鉄道、同250kmの高速貨物列車などの技術にも言及したほか、自動運転などの研究強化もうたわれた。「交通強国」に向けた政策の決定版と言えるだろう。

これに先立ち、9月2日には「体育強国建設綱要」が公表された。50年までのスポーツ強国の全面構築を目指す。スポーツ分野では、14年公表の「スポーツ産業振興策」以降、「健康中国」などのスローガンと共に様々な政策が打ち出されてきた。近年は周辺消費に言及するものもあり、スポーツを活用して消費を底上げしたいという政府の思惑も見え隠れする。

中国は「大国」から「強国」へのグレードアップを進めている。15年5月発表の「中国製造2025」では、次世代情報技術(IT)やロボット、新エネルギー車など10の重点分野を設定して各産業の高度化を目指し、25年までの「世界の製造強国の仲間入り」が目標として掲げられた。このほか、「科学技術強国」「AI強国」「ネット強国」「航天(宇宙)強国」「教育強国」などの構築も提唱されている。景気減速下での"国民激励"という狙いもあるだろうが、「強国牛(ブル)」という言葉もあるように、強国政策関連株、すなわち技術や製品の自主開発を進める企業が注目されるケースも出てくるだろう。

ゼネコン株の後押しなるか

インフラ投資と関連銘柄の株価

冒頭で紹介した「交通強国」の政策では、鉄道や道路を中心に、水路、空路、パイプライン、郵便などの拡充も盛り込まれている。中国の交通インフラの充実ぶりは目を見張るべきものがあり、高速鉄道や高速道路の距離は世界1位を誇る。ただ、地方部の高速鉄道駅へのアクセス不備、市内交通インフラ(地下鉄など)の未整備などの問題点もあり、今後はきめ細やかな交通網の構築が求められている。

景気減速や地方政府の財政懸念などの諸事情により、特に18年以降はインフラ投資額が伸び悩んできた。ただ今後は、地方政府の専項債(特別債)の発行加速(後述)が決定し、各種建設計画の認可ペースも上がってくるだろう。マクロ統計への反映はやや遅れるかもしれないが、交通インフラと関係が深いゼネコン関連株の値動きに期待したい。

インフラ投資は規律重視

「強国」関連は中長期的な政策と言えるが、中国政府は8月以降、足元の景気対策も矢継ぎ早に打ち出している。7月30日開催の中国共産党の中央政治局会議で指摘された「新たなリスクに直面し、国内経済の下押し圧力が増している」「憂慮の意識を高める必要がある」などの現状認識を反映した動きと見られる。

マーケットの潮目を変えたのは、8月31日に開催された金融安定発展委員会の会議だ。同会議で指示された「長期資金の流入」というキーワードが株式市場でポジティブ材料と捉えられ、週明けの9月2日から上海総合指数は買い優勢の展開。同9日には3,000ptを回復し、2カ月ぶりの高値を付けた。6日の預金準備率引き下げ(実施は16日から)、20日の最優遇貸出金利(LPR)1年物の引き下げは金融緩和策として素直に受け止められた。

景気対策ではインフラ建設に軸足が置かれている。資金面のボトルネックが解消し、工事がさらに進捗する見通しだ。9月4日に開催された国務院常務会議では、地方政府の専項債(特別債)の発行加速が決められた。同債券はいわゆるレベニュー債で、高速道路建設や都市再開発などのインフラ関連に使途が限定されるもの。3月の全国人民代表大会(全人代)で、今年の発行額は前年比約6割増の2兆1500億元と決定。インフラ強化の全面支援方針が示されていた。

今回の常務会議における専項債関連の主な決定事項は、①9月末までに発行を終え10月末までに事業(プロジェクト)に行き渡らせる、②翌年(20年度)分の発行枠を前倒しで発行(いわば「前借り」)、③対象事業に空港や港、駐車場、汚水・ごみ処理施設などを加える、④専項債の20%程度をプロジェクト資本金に充てることができる、などだ。また、専項債による調達資金の不動産などへの"流用"を戒め、李克強首相も「中途半端なプロジェクトの出現を防ぐ」と強調。建設事業の規律管理が強く求められた。18年夏場以降、政府からインフラ支援策が掲げられてきたものの、成果はなかなか出てこなかった。だが、資金源や用途が改めて明確化されたことで、今後のインフラ投資の伸びが大いに期待される。

このほか、スポーツ関連消費の後押しや夜間経済(ナイトタイムエコノミー)の活性化などを通じた消費市場の支援策も相次いでいる。低迷が続く自動車市場では、購入制限の緩和策も検討中。市場には底打ち感もあり、具体的な施策が出れば年末から来年にかけての市場反転要因になるだろう。


19年8月下旬以降の主な政策

(上海駐在員事務所 奥山)

ご投資にあたっての注意事項

外国証券等について

  • 外国証券等は、日本国内の取引所に上場されている銘柄や日本国内で募集または売出しがあった銘柄等の場合を除き日本国の金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりません。

手数料等およびリスクについて

  • 国内株式等の手数料等およびリスクについて
  • 国内株式等の売買取引には、約定代金に対して最大1.2650%(税込み)の手数料をいただきます。約定代金の1.2650%(税込み)に相当する額が3,300円(税込み)に満たない場合は3,300円(税込み)、売却約定代金が3,300円未満の場合は別途、当社が定めた方法により算出した金額をお支払いいただきます。国内株式等を募集、売出し等により取得いただく場合には、購入対価のみをお支払いいただきます。国内株式等は、株価の変動により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 外国株式等の手数料等およびリスクについて
  • 委託取引については、売買金額(現地における約定代金に現地委託手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対して最大0.8800%(税込み)の国内取次ぎ手数料をいただきます。外国の金融商品市場等における現地手数料や税金等は、その時々の市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、本書面上その金額等をあらかじめ記載することはできません。
  • 国内店頭取引については、お客さまに提示する売り・買い店頭取引価格は、直近の外国金融商品市場等における取引価格等を基準に合理的かつ適正な方法で基準価格を算出し、基準価格と売り・買い店頭取引価格との差がそれぞれ原則として2.75%となるように設定したものです。
  • 外国株式等は、株価の変動および為替相場の変動等により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 債券の手数料等およびリスクについて
  • 非上場債券を募集・売出し等により取得いただく場合は、購入対価のみをお支払いいただきます。債券は、金利水準の変動等により価格が上下し、元本の損失を生じるおそれがあります。外国債券は、金利水準の変動等により価格が上下するほか、カントリーリスクおよび為替相場の変動等により元本の損失が生じるおそれがあります。また、倒産等、発行会社の財務状態の悪化により元本の損失を生じるおそれがあります。
  • 投資信託の手数料等およびリスクについて
  • 投資信託のお取引にあたっては、申込(一部の投資信託は換金)手数料をいただきます。投資信託の保有期間中に間接的に信託報酬をご負担いただきます。また、換金時に信託財産留保金を直接ご負担いただく場合があります。投資信託は、個別の投資信託ごとに、ご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なるため、本書面上その金額等をあらかじめ記載することはできません。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象とするため、当該金融商品市場における取引価格の変動や為替の変動等により基準価格が変動し、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 株価指数先物・株価指数オプション取引の手数料等およびリスクについて
  • 株価指数先物取引には、約定代金に対し最大0.0880%(税込み)の手数料をいただきます。また、所定の委託証拠金が必要となります。
  • 株価指数オプション取引には、約定代金、または権利行使で発生する金額に対し最大4.400%(税込み)の手数料をいただきます。約定代金の4.400%(税込み)に相当する額が2,750円(税込み)に満たない場合は2,750円(税込み)の手数料をいただきます。また、所定の委託証拠金が必要となります。
  • 株価指数先物・株価指数オプション取引は、対象とする株価指数の変動により、委託証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。

利益相反情報について

  • この資料を掲載後、掲載された銘柄を対象としたEB等を東洋証券(株)が販売する可能性があります。
    なお、東洋証券(株)および同関連会社の役職員またはその家族がこの資料に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引や商品ごとに手数料等およびリスクが異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をご覧ください。
  • 掲載されている情報は、当社が各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
    また、掲載されている情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。意見や予測は作成時点の見通しであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    掲載されている情報に基づき投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、当社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなされるようお願いいたします。
    なお、東洋証券および同関連会社の役職員またはその家族はレポート等に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。
    情報の著作権は当社または情報提供元に帰属しており、いかなる方法を用いても、事前の許可なく複製または転送等を行わないようにお願いいたします。
PDFファイル形式のニュースをご覧になる場合は、Adobe Readerをインストール頂く必要がございます。
Adobe Readerダウンロードページへ