新規口座開設はこちらから

TOYOメール配信サービス

ホームトレードはこちらから

中国からの便り

第160回:香港の日本ブーム「出前一丁」から「@cosme」まで

香港のスーパーでは20種類以上の「出前一丁」がずらりと並んでいる。

東京から飛行機に乗ると約5時間で着く香港は親日地域と言っても過言でなかろう。香港人は「日本好き」のイメージが強い。過去様々な文化と交わり、ユニークな「香港スタイル」を作り上げた。交わった文化の中で日本文化は特に人気が高い。日本政府観光局(JNTO)によると、2018年香港の訪日旅行者数は約220万人(香港の人口は約740万人)、訪日リピーターも多い。多くの香港人は日本のコスメや家電の「爆買」だけでなく、穴場スポットや地元の人しか知らない散歩道までも夢中。あと、「食べログ」などのアプリを使って、日本人のライフスタイルを満喫する人もたくさんいる。

香港人は日本料理に対する興味や含蓄が深いため、香港は日本料理の専門店が多く、ラーメン、お寿司などの幅広い本格料理を提供している。多くの香港の日本料理屋さんは日本から料理人を招き、本格的な日本料理を提供。日本料理の専門店以外では、吉野家、サイゼリヤ、大戸屋など日本の大手外食チェーンがかなり前から香港に出店。ここ十数年、日本料理は香港で人気絶頂。牛丼専門店すき家は早ければ年内にも初の香港店をオープンするなど、これからもたくさんの日本食チェーンが香港に進出する予定。

香港人は日本製品に対して高い信頼を置いている。特に食品。スーパーや果物屋では日本のお肉や果物が購入可能。これら日本の輸入食品は他の商品と比べ、値段は結構高いけれど、売れ行きは上々。香港人の日本製品に対する信頼感の証だ。

もうひとつの「香港の日本ブームあるある」は出前一丁。日本の即席麺である出前一丁は香港人のインスタントラーメンの定番。スーパーの棚には「出前一丁」がずらりと並んでいるのみならず、多くの飲食店で「出前一丁」としてメニューが提供される。香港で一般的なごまラー油味だけではなく、とんこつ、シーフードやビーフなどの様々なスープの出前一丁を食べるのが香港人の日常だ。まさに香港の親日シンボルと言ってもおかしくない。

飲食店以外では、日本の化粧品やスキンケアは香港の女性の間で非常に人気がある。資生堂やコーセーなど日本の代表的な化粧品会社が香港で設立した店舗数は何と50店以上。2018年6月、化粧品店「@cosme store(アットコスメストア)」が香港に初進出、香港の人気ショッピングスポットである尖沙咀で1号店を開店した。マツモトキヨシも来年に香港初の店舗を開設する予定。

香港の日本ブームは日本文化の流行で始まった。1980年代から、日本のドラマや音楽などが香港に輸入され、香港市民が日本文化や生活を知る鍵になり、1990年代にアニメや漫画が入り、日本文化が爆発的な人気を得た。そのため日本語を学ぶ人や日本に旅行に行く人が増えた。実は私もその一人。約13年前、天海祐希さんが主演を務める「女王の教室」が香港で放送され、天海さんのファンになった。その後雑誌、本、ドラマなどを通じて、日本語を独学し、それと共に日本に対する興味と関心が更に高まった。

「女王の教室」の出会いから4年後、SMAPのファンになり、さらに日本の音楽番組とバラエティ番組を見る機会が増えた。そして現在私は10年前には夢としか考えられなかった日本企業で働いている。香港の日本ブームのお陰で、香港以外の景色や文化に魅せられ、日本文化は私の人生にも大きな影響を与えた。

(東洋証券亜洲有限公司(香港現地法人) 黄 蘊姸)

ご投資にあたっての注意事項

手数料等およびリスクについて

  • 株式の手数料等およびリスクについて
  • 国内株式の売買取引には、約定代金に対して最大1.2420%(税込み)、最低3,240円(税込み)(売却約定代金が3,240円未満の場合、約定代金相当額)の手数料をいただきます。国内株式を募集、売出し等により取得いただく場合には、購入対価のみをお支払いいただきます。国内株式は、株価の変動により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 外国株式等の売買取引には、売買金額(現地における約定代金に現地委託手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対して最大0.8640%(税込み)の国内取次ぎ手数料をいただきます。外国の金融商品市場等における現地手数料や税金等は、その時々の市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、当ホームページ上にその金額等をあらかじめ記載することはできません。外国株式は、株価の変動および為替相場の変動等により、元本の損失が生じるおそれがあります。

利益相反情報について

  • 本レポートを掲載後、掲載された銘柄を対象としたEB等を当社が販売する可能性があります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引や商品ごとに手数料等およびリスクが異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をご覧ください。
  • 掲載されている情報は、当社が各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
    また、掲載されている情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。意見や予測は作成時点の見通しであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    掲載されている情報に基づき投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、当社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなされるようお願いいたします。
    なお、東洋証券および同関連会社の役職員またはその家族はレポート等に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。
    情報の著作権は当社または情報提供元に帰属しており、いかなる方法を用いても、事前の許可なく複製または転送等を行わないようにお願いいたします。
PDFファイル形式のニュースをご覧になる場合は、Adobe Readerをインストール頂く必要がございます。
Adobe Readerダウンロードページへ