新規口座開設はこちらから

カスタマーセンター

マルチチャンネルサービス

ホームトレードはこちらから

TOYOメール配信サービス

中国からの便り

第161回:建国70周年を迎えた中国 祝賀ムードと厳戒モード

鉄道駅には「建国70周年」と書かれた横断幕が飾られている

「取材班が訪れた1979年は中華人民共和国の建国からちょうど30周年に当たり、街は祝賀ムードであふれていた」――。NHK特集の名作「シルクロード」。第1回の「遥かなり長安」では、このようなトーンで古都・西安が紹介されていた。高層ビルもほとんどなく、ゆっくりと流れる時間が画面を通して伝わってくる。祖国の"誕生日"を祝う市民の素朴な笑顔が印象的だ。

それから40年。先日訪れた西安では、祝賀ムードと厳戒態勢が合わさった何とも言えない雰囲気が漂っていた。建国70周年を祝う垂れ幕や看板はあるものの、それ以上に「掃黒除悪」というスローガンが目立つ。日本語に訳せば「黒社会(暴力団)を一掃し、悪事(人)をつまみ出せ」とでもなろうか。中国共産党が推進する腐敗撲滅関連のキャンペーン運動だ。おどろおどろしい字体で書かれたスローガンや、銃でフル装備した武装警察のポスター写真が街の至る所にあり、正直、辟易してしまう。

それでも中国は盛り上がっている。テレビでは中国の歩みを振り返る特番が放送され、スマホのアプリを開けば70周年に絡めたニュースが飛び込んでくる。プロパガンダと言うことなかれ。SNS上でも祖国愛を叫ぶ投稿が数多く見られ、無数の「いいね!」が付けられる。

先日、上海で乗った地下鉄は、車内広告からつり革まで紅く染まり、70周年ムードを高めていた。車内では愛国ソング「我和我的祖国」が流れ、小学生がメロディーを口ずさむ。その純粋な愛国心に、清々しい気持ちにさえなった。ところが、地下鉄を降りた私を待っていたのはなんと公安。恒例の身分証明書チェックだ。パスポート不携帯だと"お叱り"を受けてしまう。一気に現実に引き戻された。

国家統計局は、建国以来の成長をまとめたレポートを出している。「GDP(国内総生産)は1952年の300億米ドルから2018年の13兆米ドル超まで約450倍に増えた」などと強調。「海外旅行者数や高速鉄道の営業距離は世界第1位」と勇ましい。昨年、「厲害了、我的国(すごいぞ、わが国)」という航空宇宙や都市開発の発展ぶりを描いたドキュメンタリー映画が公開されたが、その流れを忠実に受け継いでいるようにも見える。

マーケット界隈もアツい。著名エコノミストの李大霄氏は最近、「愛国牛」を声高に叫んでいる。同氏は「牛(ブル)」や「底(ボトム)」などの表現を用いて相場を語る大家(たいか)。ただ、愛国牛については「真に心の底から祖国を熱愛する人こそが利益を得られる!」という説明のみ。気合い先行気味で、何だか分かるような分からないような......。

ちょっとだけ過去の思い出。建国50周年を迎えた1999年10月1日。私は北京市郊外の大学にいた。学生寮の屋上で世界各国の留学生と共に、天安門方向で打ち上がる花火を見て無邪気に歓声を上げたものだ。一方、香港では今年、国慶節恒例のヴィクトリアハーバー花火大会が「大衆の安全を考慮」して行われないという。少々残念だ。

話を西安に戻す。市内の大慈恩寺にある大雁塔。玄奘(三蔵法師)がインドから持ち帰った経典や仏像などを保存する高さ64メートルの塔だ。近くにある玄奘の銅像前では多くの観光客が写真を撮っていた。私も1枚パチリ。時空を超え、先人の人生にしばし想いを馳せてみる。ところが、像の視線の先には「掃黒除悪」という例のスローガン看板があった。このギャップは一体......。

現代の中国ならではの光景に思わず苦笑。中華人民共和国の71年目が始まる。

(東洋証券上海駐在員事務所 奥山 要一郎)

ご投資にあたっての注意事項

外国証券等について

  • 外国証券等は、日本国内の取引所に上場されている銘柄や日本国内で募集または売出しがあった銘柄等の場合を除き日本国の金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりません。

手数料等およびリスクについて

  • 国内株式等の手数料等およびリスクについて
  • 国内株式等の売買取引には、約定代金に対して最大1.2650%(税込み)の手数料をいただきます。約定代金の1.2650%(税込み)に相当する額が3,300円(税込み)に満たない場合は3,300円(税込み)、売却約定代金が3,300円未満の場合は別途、当社が定めた方法により算出した金額をお支払いいただきます。国内株式等を募集、売出し等により取得いただく場合には、購入対価のみをお支払いいただきます。国内株式等は、株価の変動により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 外国株式等の手数料等およびリスクについて
  • 委託取引については、売買金額(現地における約定代金に現地委託手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対して最大0.8800%(税込み)の国内取次ぎ手数料をいただきます。外国の金融商品市場等における現地手数料や税金等は、その時々の市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、本書面上その金額等をあらかじめ記載することはできません。
  • 国内店頭取引については、お客さまに提示する売り・買い店頭取引価格は、直近の外国金融商品市場等における取引価格等を基準に合理的かつ適正な方法で基準価格を算出し、基準価格と売り・買い店頭取引価格との差がそれぞれ原則として2.75%となるように設定したものです。
  • 外国株式等は、株価の変動および為替相場の変動等により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 債券の手数料等およびリスクについて
  • 非上場債券を募集・売出し等により取得いただく場合は、購入対価のみをお支払いいただきます。債券は、金利水準の変動等により価格が上下し、元本の損失を生じるおそれがあります。外国債券は、金利水準の変動等により価格が上下するほか、カントリーリスクおよび為替相場の変動等により元本の損失が生じるおそれがあります。また、倒産等、発行会社の財務状態の悪化により元本の損失を生じるおそれがあります。
  • 投資信託の手数料等およびリスクについて
  • 投資信託のお取引にあたっては、申込(一部の投資信託は換金)手数料をいただきます。投資信託の保有期間中に間接的に信託報酬をご負担いただきます。また、換金時に信託財産留保金を直接ご負担いただく場合があります。投資信託は、個別の投資信託ごとに、ご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なるため、本書面上その金額等をあらかじめ記載することはできません。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象とするため、当該金融商品市場における取引価格の変動や為替の変動等により基準価格が変動し、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 株価指数先物・株価指数オプション取引の手数料等およびリスクについて
  • 株価指数先物取引には、約定代金に対し最大0.0880%(税込み)の手数料をいただきます。また、所定の委託証拠金が必要となります。
  • 株価指数オプション取引には、約定代金、または権利行使で発生する金額に対し最大4.400%(税込み)の手数料をいただきます。約定代金の4.400%(税込み)に相当する額が2,750円(税込み)に満たない場合は2,750円(税込み)の手数料をいただきます。また、所定の委託証拠金が必要となります。
  • 株価指数先物・株価指数オプション取引は、対象とする株価指数の変動により、委託証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。

利益相反情報について

  • この資料を掲載後、掲載された銘柄を対象としたEB等を東洋証券(株)が販売する可能性があります。
    なお、東洋証券(株)および同関連会社の役職員またはその家族がこの資料に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。

ご投資にあたっての留意点

  • 取引や商品ごとに手数料等およびリスクが異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をご覧ください。
  • 掲載されている情報は、当社が各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
    また、掲載されている情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。意見や予測は作成時点の見通しであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    掲載されている情報に基づき投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、当社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなされるようお願いいたします。
    なお、東洋証券および同関連会社の役職員またはその家族はレポート等に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。
    情報の著作権は当社または情報提供元に帰属しており、いかなる方法を用いても、事前の許可なく複製または転送等を行わないようにお願いいたします。
PDFファイル形式のニュースをご覧になる場合は、Adobe Readerをインストール頂く必要がございます。
Adobe Readerダウンロードページへ