新規口座開設はこちらから

TOYOメール配信サービス

ホームトレードはこちらから

今月の市況見通し2018年回顧と2019年展望

海外からの中国A株投資拡大に期待

~19年は前半軟調も、年末にかけての戻りを予想~

18年の中国株相場の重荷となった米中貿易摩擦。この影響により、中国主要株価指数は下値模索が続いた。しかし、10月に中国金融当局トップが揃って株価支援策となる口先介入を行い、これを機に下げ渋る動きとなった。米中貿易摩擦を巡っての一喜一憂は19年相場も続くだろう。しかし悪材料視する動きは18年と比較するとマイルドなものになると思われる。19年は、前半は軟調ながらも年末にかけて戻りを試す動きを予想する。政策や中国A株の英FTSEラッセル採用などが相場の押し上げ材料となろう。

【2018年の相場回顧】

18年の中国株式市場は、年初は世界的な株高に歩調を合わせる形で上昇して始まった。中国市場は緩やかに上昇、一方香港市場でハンセン指数は大きく上昇し1月26日終値33,154ptと、過去最高値を更新。

しかし、中国株式市場は1月を年初来高値として一転し、秋まで下降トレンドが続いた。

中国国内では、影の銀行(シャドーバンキング)や不動産引き締め強化への思惑が投資家心理を冷やし、海外では、米国による対中貿易赤字に端を発した米中貿易摩擦が激化するにつれて、中国株式市場は下げ足を速めた。対米ドルで人民元安が進行したことも相場の重荷となった。

一方、中国当局による景気への配慮も目立った。6月に預金準備率引き下げを発表、7月に流動性の供給が行われたほか、政策面では景気下支えを目的にインフラ投資拡大が打ち出された。

秋口にかけて米中貿易摩擦が嫌気され、中国本土主要株価指数は14年以来約4年ぶりの安値水準まで売り込まれた。そして10月19日朝、中国金融当局トップが揃って株価支援となる口先介入を行うと、これを好感。株価は反転して、これまで続いた「じり安商状」を抜け出した。

12月相場入りしてG20での米中首脳会談結果を好感する場面もあったが、華為技術(ファーウェイ)幹部のカナダでの拘束・保釈を巡り、一喜一憂している。

次頁に中国主要株価指数の18年予想レンジと同年の高値と安値、そして19年の予想レンジをまとめた。18年は、高値は予想値と同水準に落ち着いたが、安値は特に中国市場が予想値を下回る結果となった。

【2019年の相場見通し】

19年の中国株式市場は、前半は軟調ながらも後半に向けては戻りを試す展開を想定している。

1~3月は米中貿易摩擦に対する協議を巡っての駆け引きや、同問題が18年秋以降に中国経済や企業の生産活動に与えた影響を相場に織り込む動きとなろう。もっとも、6月からは英FTSEラッセルが中国A株を段階的に「FTSEグローバル株式インデックスシリーズ」に組み入れる見込み。パッシブ運用者などの資金流入が期待でき、相場押し上げにつながる公算が大きい。海外投資家への市場アクセス改善が新たな投資資金を呼び込むかもしれない。

19年は中国建国70周年となる。節目の年に中国政府は景気の減速を回避すべく、様々な刺激策を発動するだろう。米中貿易問題も18年ほど悪材料視されないと思う。20年の米大統領選挙に向け、トランプ氏の関心は米国内に向くと思われるからだ。

需給面では海外投資家の手口に注目したい。18年の中国市場の売買代金推移を見ると、相場の下落に連動して上海・深セン両市場の売買代金が減少、中国国内の投資家心理の冷え込みが伺える。しかし、その期間の海外投資家による「滬港通・深港通」の売買代金動向に目を向けると、上海・深セン両市場とも安定しており、深セン市場に関しては増加傾向にあるようだ。相場の下落局面でしたたかに買いを入れる海外投資主体の投資動向が垣間見える。冷静に中国株の将来性を見込んでの手口なのであろう。

19年6月からのFTSEラッセルによる中国A株組入れで、海外投資家の商いが増しそうだ。


香港・中国の主要株価指数、19年予想レンジと18年の値動き


香港市場:中国市場だけでなく、欧米の金融政策動向が株価波乱要因となりえる。


中国市場:18年10月安値付近は過去の価格の節目と一致。政策期待が下支えしよう。

この資料に記載されている内容は東洋証券の見解であり、将来を保証するものではありません


(投資調査部 檜和田)

ご投資にあたっての注意事項

手数料等およびリスクについて

  • 株式の手数料等およびリスクについて
  • 国内株式の売買取引には、約定代金に対して最大1.2420%(税込み)、最低3,240円(税込み)(売却約定代金が3,240円未満の場合、約定代金相当額)の手数料をいただきます。国内株式を募集、売出し等により取得いただく場合には、購入対価のみをお支払いいただきます。国内株式は、株価の変動により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 外国株式等の売買取引には、売買金額(現地における約定代金に現地委託手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対して最大0.8640%(税込み)の国内取次ぎ手数料をいただきます。外国の金融商品市場等における現地手数料や税金等は、その時々の市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、当ホームページ上にその金額等をあらかじめ記載することはできません。外国株式は、株価の変動および為替相場の変動等により、元本の損失が生じるおそれがあります。

利益相反情報について

  • 当ホームページにレポートを掲載後、掲載された銘柄を対象としたEB等を当社が販売する可能性があります。

ご投資にあたっての留意点

  • 当ホームページに記載の商品等にご投資いただく際には、取引や商品ごとに手数料等およびリスクが異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をご覧ください。
    外国証券は、日本国内の取引所に上場されている銘柄や日本国内で募集または売出しがあった銘柄等の場合を除き、日本国の金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりません。
  • 掲載されている情報は、当社が各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
    また、掲載されている情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。意見や予測は作成時点の見通しであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    掲載されている情報に基づき投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、当社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなされるようお願いいたします。
    なお、東洋証券および同関連会社の役職員またはその家族はレポート等に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。
    情報の著作権は当社または情報提供元に帰属しており、いかなる方法を用いても、事前の許可なく複製または転送等を行わないようにお願いいたします。
PDFファイル形式のニュースをご覧になる場合は、Adobe Readerをインストール頂く必要がございます。
Adobe Readerダウンロードページへ