新規口座開設はこちらから

TOYOメール配信サービス

ホームトレードはこちらから

今週の特集記事RISE OF SPACE INDUSTRY

「宇宙フィーバー」の再来

7/20、アポロ11号が人類初の月面着陸を達成してから50年の節目となった。そのような中で、世界的に宇宙開発熱が再び高まっている。

中国は1月に初めて月の裏側に探査機を着陸させる等台頭が著しく、今や米トランプ政権がライバルと目するほど。そしてインドは7/22に無人月探査機を打ち上げ、9月にも着陸させる見通し。日本では7/11に探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」に世界初の再着陸と地中の砂や石の回収に成功。

一方、かつて人類初の偉業を成し遂げた米国は、「20世紀も21世紀も月に飛行士を送る最初の国は米国だ」と対抗意識を鮮明にし、月着陸計画「アルテミス」を打ち上げた。

民間の力で活気づく宇宙産業

世界的な宇宙産業への取り組み

世界的に官民を挙げて宇宙産業にリソースを注ぎ込む事例が散見されているが、今の状況を現出するのに大きな役割を果たしているのが民間企業とされている。

代表的なのがアマゾンのベゾス氏率いるブルーオリジンやテスラのマスク氏率いるスペースXといったようなベンチャー企業だ。日本でも、2013年設立のロケット開発スタートアップのインターステラテクノロジズ等が存在する。こうした企業はロケット打ち上げの低コスト化やロケットの再利用等を進めており、かつての官公需だった宇宙産業とは打って変わり、大きな民間需要が支える構図に転換した要因となったとされているようだ。

民間企業が宇宙産業に熱視線を送る主な理由の1つが、膨大なデータの利活用だ。中心分野とされる人工衛星は「宇宙からの目」として様々な分野で活用されている。例えば、衛星画像を用いた経済統計の信頼性検証や人工衛星を活用した渋滞対策の他、一部では農業や洪水対策への活用も見込まれている。宇宙ゴミ「デブリ」の除去に注目する企業もある。

力を秘める日本企業

相対的に出遅れている日本企業だが、巻き返しの動きは着実に整っている。

先述の「はやぶさ2」の快挙達成については、IHIやNEC、富士通、住友重といった様々な日本企業の叡智が結集されている。また、ソニーは家電技術を転用して小型衛星用の光通信機器を量産したり、国際宇宙ステーション(ISS)船外で民生用カメラとして世界初となる4K映像の撮影に成功している。加えて、2015年度に始まった宇宙航空研究開発機構(JAXA)による「宇宙探査イノベーションハブ」は、足もとで成果が出始めているようだ。

宇宙空間に日の丸が打ち立つ日が近付きつつあることが感じ取れよう。

主な関連銘柄(銘柄略称)

主な関連銘柄としては、モルフォ(3653)、NEC(6701)、富士通(6702)、ソニー(6758)、キヤノン電(7739)、ANA(9202)などが挙げられよう。

(マーケット支援部 山本)

ご投資にあたっての注意事項

手数料等およびリスクについて

  • 株式の手数料等およびリスクについて
  • 国内株式の売買取引には、約定代金に対して最大1.2420%(税込み)、最低3,240円(税込み)(売却約定代金が3,240円未満の場合、約定代金相当額)の手数料をいただきます。国内株式を募集、売出し等により取得いただく場合には、購入対価のみをお支払いいただきます。国内株式は、株価の変動により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 外国株式等の売買取引には、売買金額(現地における約定代金に現地委託手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対して最大0.8640%(税込み)の国内取次ぎ手数料をいただきます。外国の金融商品市場等における現地手数料や税金等は、その時々の市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、当ホームページ上にその金額等をあらかじめ記載することはできません。外国株式は、株価の変動および為替相場の変動等により、元本の損失が生じるおそれがあります。

利益相反情報について

  • 当ホームページにレポートを掲載後、掲載された銘柄を対象としたEB等を当社が販売する可能性があります。

ご投資にあたっての留意点

  • 当ホームページに記載の商品等にご投資いただく際には、取引や商品ごとに手数料等およびリスクが異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をご覧ください。
    外国証券は、日本国内の取引所に上場されている銘柄や日本国内で募集または売出しがあった銘柄等の場合を除き、日本国の金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりません。
  • 掲載されている情報は、当社が各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
    また、掲載されている情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。意見や予測は作成時点の見通しであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    掲載されている情報に基づき投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、当社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなされるようお願いいたします。
    なお、東洋証券および同関連会社の役職員またはその家族はレポート等に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。
    情報の著作権は当社または情報提供元に帰属しており、いかなる方法を用いても、事前の許可なく複製または転送等を行わないようにお願いいたします。
PDFファイル形式のニュースをご覧になる場合は、Adobe Readerをインストール頂く必要がございます。
Adobe Readerダウンロードページへ