働き方を知る WORK STYLE

業務推進部
高橋 直子さん
ウェルスマネジメント部課長
坂部 有希子さん
営業企画部
夏山 千都さん
本店営業部 高橋 直子さん 経営企画部 平塚 睦美さん カスタマーセンター 夏山 千都さん
case1

case1

結婚・出産・再雇用資産アドバイザーに復帰!

 私は入社後、資産アドバイザーを5年間経験し、結婚を機に一度退職しました。その後、縁があり再雇用していただき、2年間の支店総務を経て、資産アドバイザーに戻ってきました。産休、育休の取得をした後、現在は育児短時間制度を活用し仕事と子育ての両立に奔走しています。
 仕事内容は、資産アドバイザーとして個人のお客さま中心に、電話、訪問などで保有資産の管理や運用アドバイスなどを行っています。
 一日24時間では足りない毎日ですが、限られた時間をどう振り分けるかをよく考え、「忙しい」という言葉を言い訳にせず、子供との時間もしっかり取るように心がけています。通勤電車の中で仕事と家族モードのスイッチを入れ替えて、それぞれの時間には他の事を考えないようにしています。
 子供の病気などで急に休むことになったり、仕事が押してお迎えが遅れたりと、イレギュラーなこともありますが、会社や上司、同僚の理解、配慮のおかげで充実した毎日を送ることができています。
 私が入社した頃に比べると、子育てしながら働く社員が増えてきています。キャリアか家族かを選択するのではなく、両立できるモデルケースとして、これからも日々奔走していこうと思っています。

※2021年現在、高橋さんは業務推進部にて全店の資産アドバイザー支援業務で活躍しています。
case2

case2

成長を支える管理職次の世代のモデルケースを目指して 

 入社して驚いたのは、成長できる環境が整っていたことです。当社はBI(ビジネスインストラクター)というマンツーマンで年間の業務を学べる教育制度があります。その他にも、通信教育や資格の取得支援といった手厚いサポートがあり、金融の知識がまったくない入社時にはとても助けになりました。

 東洋証券は子育てサポートの体制が充実しているため、2人の子どもを育てながらフルタイムで働くことができています。育休から復職するときも、営業店メンバーや上司だけではなく人事部の方からのサポートや、時短勤務の相談に乗ってもらうなど、安心して戻ってくることができました。

  以前の上司が私にしてくれたのと同じように、私自身もメンバーを優しく見つめながら成長を支えてあげられる管理職になるのが目標です。メンバーの誰かが困っている時、代わりにやってあげたほうが簡単に問題解決することもあります。ですが、それではメンバーの成長にはつながりません。

 メンバーのできること、できないことをしっかりと見極めた上で、信じて待ってあげられるように日々努めています。管理職として子ども2人を育てながら仕事とプライベートのメリハリをつけて働く姿をメンバーに見せて、次の世代のモデルケースになれればと考えています。 開くことができればと思っております。

case3

case3

年齢・性別関係なくチャレンジ!愛されるカスタマーセンターを目指します

 私は法学部出身で、学生時代は経済に関する知識はあまり豊富ではありませんでした
 東洋証券に入社を決めたのは、経済の知識を身につけたかったことと、当社の人間味あふれる社風に惹かれたからです。
 入社して初めの3年間は大阪・神戸支店と通信販売部で資産アドバイザーとして働きました。その後、本社の営業企画部へ異動となり、新規事業であるカスタマーセンターの設置準備が主な仕事となりました。入社4年目で事業立ち上げの業務に携わるプレッシャーはありましたが、オペレーターの専門用語を学び、マニュアルやルール作りなど、尊敬できる先輩とともに日々新しいことに取組み、やりがいを感じながら毎日楽しく仕事をしています。
 当社では年齢や性別に関係なく、様々なことにチャレンジができる環境が整っています。現在、カスタマーセンターでオペレーター業務をしながら、顧客データの集計を行っています。
 非対面営業のため、お客さまに直接お会いすることはありませんが、お受けしたご相談をできるだけ早く解決することを心がけています。
 1人でも多くのお客さまにお気軽にご利用いただけるよう、愛されるカスタマーセンターを目指して、これからも頑張っていきたいと思います。

※2021年現在、夏山さんは営業企画部にてお客さま向けのキャンペーンやセミナー運営事務局として活躍しています。

東洋証券では社員一人ひとりのライフ(生活)とワーク(仕事)の調和が、相乗効果を生み出すよう、「誰もが働きやすく、働きがいのある職場づくり」を目指しています。「家庭と仕事の両立支援の仕組みづくり」や、「女性の活躍推進」等に取組み、男女を問わず、生活と仕事の両立ができるよう組織を挙げて取組んでおります。

働きやすさ

産前産後休暇(特別有給休暇)

産前6週(多胎妊娠の場合は14週)、産後8週の期間取得ができます。

育児休職

原則子が1歳になるまで、養育するために取得できます。保育園に入園できないなどの事情がある場合は、2歳まで延長ができます。

育児短時間制度

育児のために所定労働時間を短縮する制度です。
実働6時間コース(休憩45分)/実働5時間コース(休憩45分)の2コースを用意。

時差出勤

育児の事情により始業・終業時間を変更することができます。

子の看護休暇

子の通院・予防接種・健康診断等のため、1日または半日単位で、子1人につき年度5日まで取得可能です。

  • 介護休職

    要介護状態にある対象家族のために、一定期間(2週間以上)連続した休職ができます。最長1年間。

  • 介護休暇

    対象家族の介護その他の世話をするために、1日または半日単位で、年度5日まで休暇を取得できます。

  • 介護時短勤務

    要介護にある対象家族の介護と仕事を両立するために所定労働時間を短縮する制度です。実働6時間コース(休憩45分)/実働5時間コース(休憩45分)の2コースを用意。

  • 時差出勤

    介護の事情により始業・終業時間を変更できます。

ベビーシッター派遣事業

当社は育児をする役職員の負担を軽減する目的で、内閣府が実施する「ベビーシッター派遣事業」の利用事業主として承認を受けています。家庭内における保育および保育所施設などへの送迎のため、ベビーシッターサービスを利用する際に利用料金の割引が受けられます。

  • 育児休業復職者向け研修

    育休復帰後スムーズに仕事ができるよう、制度やシステム、商品についてレクチャーを行います。

  • 退職者リターン制度

    本人の結婚、出産、育児もしくは介護などまたは配偶者の転勤を理由に、当社を退職された方を再雇用する制度です。勤務地および職務については、退職当時の登録内容を勘案のうえ決定します。

TOYO Wactive PJ(女性活躍推進委員会)

「女性が活躍する企業は男女を問わず働きやすく働きがいのある成長企業」をモットーに、各種の取組・提言を行っています。

1. 女性キャリアアップ支援研修・座談会の開催

女性活躍などに関する様々なテーマで、全国の支店や本社の皆さまとの座談会を定期的に開催しています。

2. TOYOサポの配布

育児と介護に関わる諸制度を分かりやすく解説するためのツール、『育児と介護の応援ガイドブック』を作成しています。

3. 社外窓口

健康に関する悩みを様々な方法で解消する、当社専用の相談窓口(社外相談窓口)を24時間体制で準備しています。相談後には専門医師によるカウンセリングなども可能です。

受賞・表彰実績

厚生労働省認可

女性の活躍を推進している企業「えるぼし(2段階目)」取得

数字でみる東洋証券

数字でみる東洋証券 数字でみる東洋証券