新規口座開設はこちらから

資料請求はこちらから

ホームトレードはこちらから

分別管理について

分別管理とは

金融商品取引業者(証券会社)がお客さまからお預かりした金銭や有価証券と、金融商品取引業者(証券会社)自己の資産を明確に区分し管理することにより、万が一、金融商品取引業者(証券会社)が破綻した際も、確実にお客さまに資産が戻るよう、お客さまの資産が保護される仕組みのことを言います。

当社の分別管理について

当社は、お客さまからお預かりしております金銭や有価証券を保全するため、金融商品取引法第43条の2に基づき、以下のように分別管理をおこなっています。 なお、分別管理は、監督機関等において重点事項として検査されており、厳格にその適用がチェックされています。

お客さまからお預かりしている金銭

お客さまからお預かりしている金銭は、「顧客分別金信託」として、信託業務を営む3行(三井住友信託銀行、日証金信託銀行、みずほ信託銀行)に信託しております。

お客さまからお預かりしている有価証券

お客さまからお預かりしている有価証券は、すべて外部の保管機関等(証券保管振替機構、日本電子計算株式会社 等)において、当社の自己勘定による有価証券とは分別して管理・保管しております。

海外の保管機関で管理・保管されている有価証券

お客さまからお預かりしている有価証券の内、海外の機関において管理・保管されている有価証券についても、当社の自己勘定による有価証券とは分別して管理・保管しております。

投資者保護基金

金融商品取引業者(証券会社)においては、「顧客資産の分別管理制度」により、お客さまの資産は十分に保全されていますが、それ以外にも、万が一破綻した金融商品取引業者(証券会社)が、お客さまからお預かりした資産を返せなくなった場合に備えて、日本投資者保護基金が設立されています。

すべての金融商品取引業者(証券会社)は、基金への加入が義務付けられており、これにより、お客さまの資産は一人あたり1,000万円を上限に保護されています。