新規口座開設はこちらから

資料請求はこちらから

ホームトレードはこちらから

10分でわかる!中国株投資のツボ

10分でわかる! 中国株投資のツボ

  • なぜいま「中国株」なのか
  • 世界の中の中国 〜経済成長への期待と課題
  • 中国株用語集

お取引のはじめ方

なぜいま「中国株」なのか

中国株の魅力、そしてリスクはどのようなものか、日本や米国と比較しながら考えてみましょう。

1.

この10数年間、どのように投資をしたら有利だったのでしょうか?

日本の投資家の中には、まだ日本株しか取引されたことがない方が多くいらっしゃるだろうと思います。まず、過去長期にわたり、日本株の株価がどのように推移してきたのかをじっくりとご覧ください。続きを見る >>

2.

日本株と中国株、米国株はどのような関係にあるのでしょうか?

上海A株指数、ハンセン指数とも、2007年秋をピークとした大相場がありました。しかし、その前後におけるTOPIX、NYダウの動きはむしろ低調でした。続きを見る >>

3.

中国株投資は「リスクが高い」のでしょうか?

ここでは、中国株主要指数の「分散の推移」をみてみましょう。図表4は、TOPIX、上海A株指数、NYダウ、ハンセン指数の分散の推移を表したものです。続きを見る >>

4.

なぜ今、中国株が注目されているのでしょうか?

一般的に、長期的な株価動向は経済成長率に比例するといわれています。経済成長率の大きな国・地域の株価は上昇速度が速く、経済成長率が小さな国・地域の株価は上昇速度も遅くなります。続きを見る >>

5.

人民元切り上げと中国株投資はどんな関係にあるのでしょうか?

中国は2010年6月、「人民元為替レート改革をさらに一歩推し進め、人民元レートの弾力性を高める」と発表。2008年7月以降、実質固定化していた人民元の対米ドルレートを再び変動させることを決定しました。続きを見る >>

世界の中の中国 〜経済成長への期待と課題

世界経済における中国の存在感はますます高まっています。投資を考える際には、中国経済の成長過程や、直面している課題などについても理解しておきましょう。

1.

中国はどのように日本と並ぶ経済大国になったのでしょうか?

今の中国経済をより理解するため、過去を振り返ってみましょう。1990年以降、中国経済がどのように成長してきたのかを示したのが図表6です。続きを見る >>

2.

中国はどのようにリーマンショックを乗り越えたのでしょうか?

2007年に入ると中国経済は過熱気味となりました。経済の高成長や投資家による人民元対米ドルレートの上昇期待などから金融市場には資金が過剰に流入し、その一部が株式市場に向かい、株価は急騰しました。続きを見る >>

3.

「人民元切り上げ問題」にはどのような背景があるのでしょうか?

米国の貿易赤字額は、ここ数年鈍化傾向にあるとはいえ、1980年代後半から1990年代後半の水準と比べると、依然として巨額の赤字となっています。続きを見る >>

4.

中国経済は今後どのように変化していくのでしょうか?

1990年代前半から後半にかけて、南巡講話をきっかけとした直接投資ブームによって、付加価値の低い衣料品、雑貨、家電製品などの輸出産業が大きく成長しました。続きを見る >>

5.

中国が直面している課題について把握しておきましょう。

これまでは、主に中国のプラスの側面を中心に紹介してきましたが、最後に中国が直面している課題についても述べておきます。続きを見る >>

ご投資にあたっての注意事項

株式の手数料等およびリスクについて

  • 国内株式の売買取引には、約定代金に対して最大1.2420%(税込み)、最低3,240円(税込み)(売却約定代金が3,240円未満の場合、約定代金相当額)の手数料をいただきます。国内株式を募集、売出し等により取得いただく場合には、購入対価のみをお支払いいただきます。国内株式は、株価の変動により、元本の損失が生じるおそれがあります。
  • 外国株式等の売買取引には、売買金額(現地における約定代金に現地委託手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対して最大0.8640%(税込み)の国内取次ぎ手数料をいただきます。外国の金融商品市場等における現地手数料や税金等は、その時々の市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、当ホームページ上にその金額等をあらかじめ記載することはできません。外国株式は、株価の変動および為替相場の変動等により、元本の損失が生じるおそれがあります。

利益相反情報について

  • 当ホームページにレポートを掲載後、掲載された銘柄を対象としたEB等を当社が販売する可能性があります。

ご投資にあたっての留意点

  • 当ホームページに記載の商品等にご投資いただく際には、取引や商品ごとに手数料等およびリスクが異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をご覧ください。
  • 外国証券は、日本国内の取引所に上場されている銘柄や日本国内で募集または売出しがあった銘柄等の場合を除き、日本国の金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりません。
  • 掲載されている情報は、当社が各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
    また、掲載されている情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。情報は、意見や予測を含む作成時点の見通しであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    掲載されている情報に基づき投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、当社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなされるようお願いいたします。
    なお、東洋証券および同関連会社の役職員またはその家族はレポート等に掲載されている企業の証券を保有する可能性、取引する可能性があります。
    情報の著作権は当社または情報提供元に帰属しており、いかなる方法を用いても、事前の許可なく複製または転送等を行わないようにお願いいたします。
口座開設お申込み
  • 新規口座開設
  • 口座開設をご希望のお客さまはこちらから
資料請求はこちら
  • 資料請求はこちら
  • 資料請求はこちらから
お問い合せ
  • 各支店へのお問い合せ
  • ホームトレードへのお問い合せ